活動報告

名大祭

名古屋大学において毎年6月初頭に開催される学祭。エンタメあり、バンドあり、フリマあり、運動会あり、学術企画あり、食中毒ありのウレシハズカシ3日間(だいたい)。このページでは、そんな名大祭の片隅でひっそりと活動するSF研の様子を報告したいと思います。

2010年度名大祭51st

開催日時は6/4,5,6で、時間は朝10時から夕方6時まででした。ただし最終日は片付けの関係もあって終了時刻が夕方4時、その後の片付けはツラい肉体労働となりました。場所は全学教育棟A館三階A-33教室で、企画内容は”早川書房出版の「SFが読みたい!」2010年度版にて発表されたゼロ年代SFベスト30のうち、国内・海外それぞれ1位から10位までの作品のレビューを行います。会報の販売も予定しています。”って感じで、ちなみに十位までってのは

  • 国内
  1. 虐殺器官/伊藤計劃
  2. グラン・ヴァカンス 廃園の天使I/飛浩隆
  3. マルドゥック・スクランブル/冲方丁
  4. Self-Reference ENGINE/円城塔
  5. ラギッド・ガール 廃園の天使II/飛浩隆
  6. アラビアの夜の種族/古川日出男
  7. 太陽の簒奪者/野尻抱介
  8. 永遠の森 博物館惑星/菅浩江
  9. 象られた力/飛浩隆
  10. 新世界より/貴志祐介
  • 海外
  1. あなたの人生の物語/テッド・チャン
  2. 万物理論/グレッグ・イーガン
  3. しあわせの理由/グレッグ・イーガン
  4. 双生児/クリストファー・プリースト
  5. 時間封鎖/ロバート・チャールズ・ウィルスン
  6. ディアスポラ/グレッグ・イーガン
  7. デス博士の島その他の物語/ジーン・ウルフ
  8. 20世紀SF/中村融・山岸真:編
  9. 奇術師/クリストファー・プリースト
  10. ダイヤモンド・エイジ/ニール・スティーヴンスン

というラインナップなのでした。
名大祭期間中は基本的についたての奥でボドゲに熱中してたというダメ会員たちばかりです。

SF研の企画にはおよそ100名ほどの人が参加してくれました。来てくださった方、本当にありがとうございました。


Last-modified: 2010-07-10 (土) 13:13:00 (2960d)